又地震了,连震三天

八丈島東方沖の地震、駿河湾沖の地震とは「関連なし」 気象庁

8月13日10時15分配信 [url=http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/?http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?to=2&p=%bb%ba%b7%d0%bf%b7%ca%b9]産経新聞[/url]

13日朝に発生した八丈島東方沖を震源とする地震について、気象庁の関田康雄地震津波監視課長は記者会見し、11日に発生した駿河湾沖を震源とする地震との関連性はないとする見解を示した。  駿河湾沖の地震はフィリピン海プレートの内部で起きたが、関田課長は「今回はフィリピン海プレートの内部ではなく、太平洋プレートの沈み込みに伴うもので、震源の距離も離れている。直接の関連はない」と述べた。  また、震源の深さが約57キロと比較的深いことから、火山活動との関連性や、群発地震の可能性についても否定した。